最近のトラックバック

« 2013年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2013年10月

アウトビアンキA112 ステンレスマフラー作成。

約10年ほど前に、フルレストアさせていただいたA112、いまだに綺麗な状態を保っています。

Og112

そんなA112なのですが、今回の修理はセンターパイプの修理。

イタリア本国では、センターパイプ自体を販売しているのですが、日本では触媒レスとなってしまい、車検の取得が難しい。

当時のディーラーであったJAXさんが何かの触媒とセンターパイプを取り付けて市場に出回ったのですが、そのセンターパイプ自体は現在 どこで販売しているかわからないし、センターパイプ自体の鉄も補修を繰り返し、かなりのご老体。

であれば、パッと見で簡単な構造だけに「ステンレスで作ってしまおう! 」ということに!

Og1121

その後の。。。

 前回のブログから、かなりの日数が経ってしまいました。

結局のところ、9月16日のアルファロメオチャレンジには間に合わず、いまだに作成作業を進めているわけなのですが、少しプレイバックしてブログを書いていきたいと思います。

ある程度の内装は剥がしてあったのですが、エンジンルーム内はそのままで、まずは、エンジン、ミッションの取り外し。

R145

ちょっと分解したところ(まぁ、カムカバーを外しただけですが・・・。)

その後、ボディー補強のため、開口部(ドアとか、フロントガラスとか・・・。)スポット溶接をするので、ガラスを外しました。

スポット溶接は正直楽そうに見える作業ですが、かなり大変な作業で、フロントガラス、右ドア、右リアクォーターのみで、一日が終了!  

苦労した分、フレームがしっかりとなってそうで楽しみ! (実際はどうなんでしょうね?まぁ、自己満足ということで・・・。)

R1451

何故このような写メを撮っていたのか覚えていませんが、記念ということで・・・。

« 2013年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ